悪質競馬予想サイトサーチ

Latest entries

競馬予想サイト口コミ

無料予想枠連が的中率90%以上kbackup.seesaa.net枠連の無料予想に定評があります。無料モニター会員だけに無料提供中! 競馬で稼ぐ夢の目標達成 3dhardcopy.com夢を現実にする為にはお金が必要な場合もある。この先には未来があります。 出た!週末だけで稼げる仕組み 74karat.com初心者が手間隙かけずに即金を手に入れることができた!

悪質競馬予想サイトサーチ

悪質競馬予想サイトサーチプロキオンステークス 過去の勝ち馬や連対馬を見れば一目瞭然だが、地方へ出走するための賞金稼ぎの場として機能しているプロキオンS。今年も例に漏れず、現在6連勝中のナムラタイタン、3歳限定交流GI・ジャパンダートダービー(JDD)を使えずコチラへ出走せざるをえなくなった大井の東京ダービー勝ち馬マカニビスティーなどは完全に賞金稼ぎのため。今年も熱い戦いが繰り広げられる事だろう。 しかし、状態万全、実力上位だけで勝てないのが夏競馬の常識。なお、「ある裏情報」を入手した女王にとって、ここで人気となるであろうナムラタイタンは「完全に相手まで」の状況。そして、ここで女王が本命とするのは意外なあの馬。出走各馬に週中、何事もなければ、この背景は「鉄板」だ。世間が人気馬に騙される中、颯爽と穴馬券を的中するのが、情報力確かな女王流。ここは当然として、福島のサマー2000シリーズ「七夕賞」でも、その実力の一角をお見せする所存である。さて、そんな大儲けを前に、ここでは一週前の有力各馬の状態をお伝えしよう。 まずは欅Sで1着となり、連勝を6まで伸ばしたナムラタイタン。 「体が硬くてパドックでの歩様もゴトゴトしていて、決して良く見えへんのやけど、いざ走らせるとフットワークはスムーズやし、歩いている時とは全くの別馬。確かに、ダート馬は芝馬に比べて体が硬くて、前の出が悪かったりして歩様がぎこちない馬がよくいるんやけど、それがあそこまで顕著なんは珍しいな。暖かくなってきても、硬さはあるんやけど、この中間は順調に来ていて、1週前追い切りでも、これまで以上に迫力ある動き。今回重賞初挑戦とはいえ、正直ここは賞金を加算するだけの通過点やと思うてる。キッチリ結果を出してくれると信じとるよ」と陣営の一人。状態はよさそうで、陣営も自信満々であるが、この情報を得ても当馬はあくまで相手まで。全容は今週末明らかにさせて頂く。 続いてJDDを諦めてこちらへ歩を進めるマカニビスティー。 「陣営は、中央へ復帰した馬が交流重賞へ出るために中央で一戦以上する必要がある事を知らへんかったとか言ってるけど、そんなもんは全部嘘。そもそも、JDDへ出る気はなかったみたいやで。まあ、東京ダービーを勝った後、結構時間があった訳やから、本気でJDDへ出たいなら、地方所属のままで出走すればええだけの話やからね。詭弁も甚だしいわ。で、今回初めて古馬と戦う事になる訳やけど、陣営が敢えてコッチを使うって事は勝ち負けできる自信があるって事。1週前追い切りでは、同じレースに出走を予定しとるグロリアスノアに約1馬身遅れたけど、あっちは稽古駆けする馬で、この馬の動き自体はよかったから気にする必要はあらへんと思う。最終追い切りで微調整すれば、万全の態勢で臨めると思うで」と事情通の某記者。 最後はマカニビスティーと同厩舎で安田記念16着だったグロリアスノア。 「芝のGⅠにも使ってみたいという馬主サイドからの要望もあって出走させたけど、やっぱりダートでこその馬やね。あの着順で、さすがに馬主側もあきらめがついたみたい。今後はダート一本でいくことになったよ。ドバイ帰りで芝を使った後の疲れは少しあったけど、すぐに回復してここに向けて順調に進めてこられた。ちなみに、ドバイで好走したように精神的にも肉体的にも強いところがこの馬の長所。1週前追い切りでマカニビスティーに先着したように、ここに向けて順調に仕上がってきとる。根岸Sを勝っているように、1400はこの馬にとってはベストの距離。勝ち負けに持ち込めるんやないかと思っているんや」と関係者の一人は、順調さをアピール。 上記以外にも、天王山Sを圧勝したサマーウインドほか、出走予定全頭についての詳細情報を入手済み。週中は裏づけ調査&新たな情報入手に向けて精力的に動き回り、美味しい馬券を皆様にお届けする所存。札束三昧の今週末をお楽しみにして頂きたい。 アイビスサマーダッシュ サマースプリントシリーズ第2戦目のアイビスSDは「関係者の思惑」だらけである他のサマーシリーズと違い基本的に「ガチ勝負」。「人間サイドが勝ち馬をキッチリ擁立しても、適性やら、枠の関係、展開でその通りの決着にならへん。なんで、この特殊な条件下だけは、サマースプリントの中で唯一普通に行われるんや」と事情通の関係者が語る通り、直線1000mという特殊な形態からガチ勝負となるのが通例なのだ。 そして、注目してほしいのが当レース勝ち馬が3年連続でサマースプリントシリーズの覇者となっていること。「他は話し合いやらで決まってまうけど、ここだけはガチ勝負。なんで、ここでポイントを上乗せすると、サマースプリントシリーズ制覇にグッと近づくんや。優勝を狙っている馬の中には、直線競馬の適性が分からへんまま、使いたがる馬主が多いで」と事情通が語っているのがその理由であり、ここを勝てばサマースプリントシリーズ覇者になる可能性が高くなるカラクリである。 さて、そんなアイビスSDだからこそ、状態、実力、直線競馬適正を完全網羅している女王にとって簡単そのもの。情報力が生きる場として最大限といっていいだろう。それだけに、このレース出走馬の調査は徹底して敢行。その調査の中で、世間には知られていない直線適性が抜群な今年の「波乱の主犯」が発覚した。さらに、飛ぶであろう適性無しでここへ向かう人気馬の存在もムキ出し。その全容は今週末、明らかにするとして、ここでは有力各馬の一週前の現状をお伝えしよう。 まずは2年連続サマースプリントシリーズ覇者のカノヤザクラ。 「前走(CBC賞10着)は、地力でもう少しやれるかなとは思ったけど、まだ良化途上やったね。まあ、この馬にとっての大目標はあくまでサマーシリーズ3連覇。一昨年、昨年ともにCBC賞敗退からアイビスSDを勝っとるローテーションやから、ゲンを担ぐ意味ではむしろ前走は負けてよかったかも知れへんな。CBC賞は、勝負にいってへんかっただけにダメージが少なかったし、中間も順調そのもの。ともかくサマーシリーズは一回勝っておけば後が相当に楽。力はかなり入っとるよ」と陣営の一人。 続いてバーデンバーデンCに優勝し、久々に勝利の美酒を味わったウエスタンビーナス。 「函館スプリントの話が浮上していたんだけど、ウチの場合、美浦から函館の直前輸送だからねえ。正直言って、年も年だし、それは止めてほしかったんだ。オーナーさんに理解してもらえて本当に嬉しいよ。直線競馬は 昨年のこのレースで4着に来ているけど、さほど得意とは言えない印象。でも、そんなに相性が悪いって印象もない。7歳牝馬だし、この時期に強い調教は必要ないから、1週前追い切りは軽めで十分。状態自体も大きな上積みはないけど、まあ普通にいい状態を保っている。正直、流れ一つって感じだね」と関係者の一人は、わりと控えめだった。 最後にCBC賞6着のシンボリグラン。 「8歳馬だけど、1週前で坂路1番時計が出ているくらいに元気一杯。昔は猛獣みたいだったけど、今はだいぶマシになった。まあそういう気性の馬は、気持ちがシャキっとしているから、不思議と体の衰えも少ないんだよね。ちなみに、前走の敗退は岩田が下手クソに乗ってくれたのが原因。名手だからと思って依頼しても、ああいう脚を余す乗り方をされたら、たまらないよ。今回?ちょっと目先を変えて、中舘に頼んだ。直線競馬だし、ガッチリ追える騎手よりも、スタートがうまくて好位でレースができる騎手の方がいい印象があるからさ。さっきも言ったように元気一杯で、好調キープしているし、直線競馬も一昨年のこのレースで2着しているように好相性。久々の重賞勝ちを決めたいね」と関係者の期待は大きい模様。 当然、上記以外の出走予定馬についても、把握済みで、現在も情報収集を敢行中。週中には皆様へ的中と一攫千金のビジョンをある程度披露できる所存。掴みきれない程の万札を得られる今週末を心待ちにして頂きたい。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !